犬島での訪問

0

    手前の島が犬島 奥が小豆島です

     訪問看護ステーションキャストの訪問エリアは広く瀬戸内海に浮かぶ犬島まで訪問を行っています。
     犬島は岡山市内唯一の有人離島で、総人口 44人、うち65歳以上人口 32人で高齢化率 72.7%の高齢化の進む島です。岡山市の宝伝港をフェリーで出発し8分程度で到着(運賃は片道300円)。医療機関は西大寺で開業されている先生の分院があり週に1回診察が受けられます。また、ドラマのモデルにもなった済生丸(診療船)による診察・健診が月に1回受けられます。

     現在キャストから訪問させていただいている方は3名で、皆さん歩行器を使用し島内を移動されています。
     遠目から見ると結構平坦な島であり起伏の差は少ないように見えますが、写真にある通り起伏は激しく、私たちでも結構な運動量になる程度の高低差があります。車での移動は可能ですが島内に車は2台しかなく、基本は自転車か徒歩となります(自転車で登ることは至難の業)。生活していくうえで歩行器での歩行は必須であり、特にフェリー乗り場までの移動は犬島で生活していくための必要条件となります。一番遠方のお客様で自宅〜フェリー乗り場までの距離が700m、道中の高低差14mであり80歳代の方にとってはかなり過酷な状況にあり、実際に片道1時間半近くかかり休憩を4回から5回はとるとのことでした。現在のところ奥様とお二人で移動が行えている状況ですが、今後、難しくなる可能性もあります。担当させていただいている皆様はできるだけ長く島で過ごしたいと考えておられ、一時島を離れて暮らしてみたものの馴染めず、再び島に戻ってこられた方もおられます。島での生活は本土と比べ制限が多く、移動の負担軽減の為、セニヤカーを利用しようとしても、犬島へは輸送費が高いこと、坂の勾配角度による制限等により導入ができない状態です。介護保険等の保険制度の使用、行政の施策では島内で制限があり解決できないことも多く、本土に住まれている方と同じようにサービスを受けられない現状にあります。しかし、近隣住民とのつながりはとても強く、お互いのことを知りすぎているぐらい知っておられ(知りすぎは良し悪しですが...)、独居で住まれている方も数名いらっしゃいますが、街中でのそれとは異なり、お互いに声を掛け合い、助け合うことで島での生活を安心して、安全に送ることができ、住み慣れた島でできるだけ長く生活したいという思いが実現できています。
     島内での互助の関係は自然と出来上がっていますが、街中ではなかなか協力を得られない部分であり、地域ケアシステムを構築していく中で互助の部分に関しては今後とても重要な部分となっていくと考えています。現状、地域の組織や行政と一緒になって行う、地域の「互助」力を高める活動も重要になっており、キャストとしても地域の方々の互助力が高まるべく地域活動の一端が担えるよう積極的に活動を行っていこうと考えています。

    犬島の夕日です。奥の山は金甲山です。

    訪問看護ステーションキャスト
    野尻 方博

    入社10年が経過して

    0


       少し前の話になりますが今年4月、雑誌「PLUG」に当社の記事が掲載され、私も勤続10年のスタッフとして掲載していただきました。私は入社して約3年は訪問看護ステーションの配属でした。当時はまさか自分が通所の責任者になるとは全く思ってもいませんでした。自分にも、あるチャンスが回ってきて平成22年11月から通所へ異動し責任者となり、現在に至っています。アルフィック総社を振り返ると、平成19年7月に開設され11年が経過しました。私がアルフィック総社の責任者になってから丸8年が経過しました。事業所運営をしていく中で自分自身、多くの失敗を繰り返してきたと反省があります。入社以降で最も苦しんだことは、私が責任者になった当初ですが、スタッフの入れ替わりが多かったことです。当時は自分自身が責任者としての対応も不十分であったと反省があります。私がその経験から学んだこととしては、「スタッフとの関わり」が重要だと思っています。私は人とのコミュニケーションが苦手な方だと自覚しています。どのように関われば、スタッフとの距離が縮まるかをよく考えさせられ、そして悩み、いろいろな研修にも参加しました。スタッフ教育について「この研修を受けたら必ず成功する」とか「これをしておけば間違いなし」といった答えは無かったように思いますが、あるとしたら、コミュニケーションの質ではないかと感じています。私は不器用ながら自分らしく、表現をしてきたつもりです。
       今も年間退職者数はゼロとはなりませんが、比較的、職場は安定していると感じており、スタッフみんなが明るく活き活きと働ける職場に近づいているのではないかと考えています。そして今後の課題は後進育成だと考えています。自分自身もさらに成長していかなければなりませんし若いスタッフにも成長してもらわなければなりません。今後のアルフィック総社がますます発展していけるように、これからも自分らしく頑張っていきます。


      デイサービスセンター アルフィック総社
      中原 徹

      西日本豪雨から学んだことを未来へ繋げる

      0


        7月の西日本豪雨で、私の祖父母が被害に見舞われました。幸い、命は助かりましたが、家は、写真のように無惨な状況となりました。

        私は、災害を甘く捉え、災害がある前までは、「岡山は災害が少ない県だから大丈夫!」と勝手に勘違いし、思い込んでいました。しかし、今回の災害を受け、私自身も被災した家族として災害の恐ろしさを痛感しました。はるやでもし、災害に見舞われた時、お客様とスタッフの命を守る準備がきちんと整っているのかと思うとまだまだ不十分だと思いました。
        もし、今回の災害から学ぶことがあるとすれば、「備える」ということが重要になるかと思います。
        月日が経ち、現在はるやでは、防災マニュアルを再度作成し直し、少しずつではありますが災害に備え、備蓄や防災グッズを揃えるや災害ダイヤルの訓練、災害時における行動の見直し、12月11日の避難訓練では、玉野消防の方に来ていただき、訓練の指導をしていただくなど様々な準備を進めております。


        災害はいつ起こるか分かりません。今回の災害を教訓に、お客様やスタッフの命を守れる体制を整えていきたいと思います。

        グループホームはるや
        立花 圭

        焼き鳥800本

        0

          11月25日はアール・ケア祭りでした。3年連続今年も焼き鳥ブース担当です。

          この焼き鳥ブース、周りを見渡すとO常務、Y部長、K部長らが。この方々は焼き鳥を焼きたい人たちの塊です。

          毎年炭を誰が早くおこせるのか何となく勝負となります。
          今年、僕は秘密兵器として日曜大工に使うブロワと呼ばれる風を送る道具を用意。瞬時に火を強くできます。Y部長は、「それはずるい」といいます。O常務は、「キャンプ場に持っていってんじゃねーだろうな」なんています。

          しかし、ずるいと言ったY部長は煙突効果で炭を瞬く間におこせる炭ツボを使っていました。O常務は結局僕のブロワを使って火をおこしていました。

          これだけズルいことをしながら自称炭おこしのスペシャリストである我々は少々てこずりました。しまいには「炭が湿気ってんじゃねーのか」と炭のせいにする始末です。

          実行委員から催促っぽいチェックがチラチラ入りながらも無事炭がおこり、焼き鳥販売開始です。焼き始めるとほぼ炭と鶏肉しか見ておらず、目は煙で涙、鼻水は出る、メガネは油まみれでやっぱり垂れたたまま。一生懸命です。
          O常務、今日は調子が悪いのか焼き鳥を落とす。焼き鳥を落とす。焼き鳥を落とす。そしてトングも落とす。ついには「ダメ、今日は。」とか言いながら戦線を離れ休憩。

          ワーワー言いながら、焼き鳥は順調に売れ、最終的には800本売ることができました。

          「我々よくやった。」とか自画自賛しながら、ようやく一息。もう祭りも終盤に近付いていました。ふと左を見ると廃人のように肩を落として座り込んでボーっとしている人が。
          S専務でした。確かS専務の担当は焼きそば。我々と同様に死力を尽くして焼きそばを焼き続けたのでしょう。

          でも僕は来年も焼き鳥を焼くぞ。

          終わり

          通所介護事業部 統括責任者 高田 良介

          ハロウィーン

          0

             朝夕がとても寒く感じるようになってきました。
             お客様もそろそろ冬支度が始まっていらっしゃるようで、スタッフにはさわやかな季節ですが、お客様は神経痛が出始める時期となりました。
             そんな憂鬱を吹き飛ばして楽しい思いをしていただこうと、今年セカンドでは10月に入って、カボチャの重量当てクイズを行いました。
             500mlのペットボトル(重さを比較するため)とカボチャを置き、重さを当てていただきました。
            「最初に測った日と最後に測った日では重さが違うのではないか?」というご意見をいただくと思い、初日の測定と10日経過したときに軽くなった重さもお伝えして、皆さんに考えていただきました。
             10月31日発表の日を迎え、なんとピッタリあてたお客様が2名、10g違いのニアピン賞が4名いらっしゃいました。

             賞状を持った写真をお渡ししたところ「この年になって、表彰されることなんてないからうれしいわ。」と喜んでいただきました。
             季節の変わり目で体の不調を訴えられるお客様が増えてまいりましたが、リハビリを頑張られている日常の中に、楽しいと感じていただいたり笑顔を引き出せるような取り組みを今後も行っていきたいと思います。
            アルフィック セカンド
            先田 忍

            PROFILE

            CALENDAR

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << April 2019 >>

            SELECTED ENTRIES

            BACK NUMBER

            SEARCH

            MOBILE

            qrcode

            ARCHIVE

            OTHERS